2006年10月29日

Halloween Party!

P1000974.JPGP1000950.JPGP1000994.JPGP1000952.JPGP1010003.JPG
P1000957.JPGP1000992.JPGP1000946.JPGP1000953.JPG



ついに

ハロウィーンパーティー
の日。

コスチュームは写真でチェックしてください。
言うのも恥ずかしい、一生に1度きりの服を着ました!
着て見せてと言われても、絶対にもう着ません!

でも、いざパーティーに出てみると派手な、びっくりな
コスチュームを見て、自分が浮かないことにホッとしまし
た。

みんなは我こそはと目立ちたい!という感じ。
年齢関係なく盛り上がり、教授などがメンバーのバンドの
演奏で歌って踊りまくり。

途中でクラスメートのホンジュラス出身の男の子が、
ラバンダをスペイン語(彼の母国語)で歌い乱入。
(上の写真)

私達は大乗り!ちなみに彼はアメリカ人の
女性のクラスメートにとっても人気があります。
アメリカ人の女性って情熱的なラテン系の男性に
弱いのかしら…
(ちなみに私のタイプではありません。)

また、ガーナのお友達(男性)は普段はよくとてもきれいな
民族衣装を着ているんだけれど、この日は女性に扮して
注目を浴びてました。日本で言うところのキモかわいいって
感じ。(上の写真)

コスチューム賞では別のクラスメートが優勝。
一番怖かったで賞で、彼女は白いお化けの格好をし、
みんなが飲んだり食べたりしてるところを三輪車でぐるぐる
走り回ってました。

顔も隠してたし、パーティーの間ずっと誰とも会話せず、
ただ走り回ってて、全く誰だかわからなかっ
た。暗い会場を無言で足の周りを急に走り回るので結構怖
かったです。引かれるかと思った。

賞をもらった後でかぶってた布を取ってびっくり。
とってもまじめなお友達でした。賞もらって感激して泣いてた。

みんなコスチュームに気合いを入れていたので、賞をもらう
ことって名誉なことみたいです。

ジャコランタンの格好をしたアメリカ人の彼女は結婚してる娘さんが
います。とってもかわいかったし、楽しんでた。(上の写真)

教授のギター演奏と歌も最高。

パーティーに参加して思ったのは、アメリカや他の国の人たちは、
年齢問わず楽しむことが上手っていうことです。

ちなみに私は、普段の私とは程遠いくらい(?)セクシーだった
らしく、写真を撮ってと言われ、いろんな人と撮りました。
日本では踊りに行くことは全くありませんが、今回はみんなと
一緒に激しく踊ってました。どのくらいの時間踊り続けたか
全く分からない。でも、あんなに長いこと踊ってたのに、体重が
変わってない!

パーティーが終わったら、別の場所に移動してまたパーティー。
また歌って踊りました。

部屋に帰ってきたらヘトヘト。
でも、ストレス発散ができたし、楽しい思い出もできて大満足の
日でした。

Today's Expression:

Life can be confusing,
but good can come out of bad.


人生いろいろ。
つらい時に幸せに出会うこともある。

もし、つらいことを
抱えている人へのメッセージ。
私も大変です。お互いがんばりましょう!

posted by Yukari at 11:55| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

Double!

P1000821.JPGP1000817.JPGP1000765.JPG


プレゼンや他の課題がたくさんあったので、
日記を書くのが久しぶり。

見て!この虹。昨日激しく雨が降って、
小降りになった頃、キャンパス内を歩いていたら
この見事な虹に出会いました。写真で見るより
はるかにきれいでした。

見つけた時は興奮してカメラを取り出し、
とりまくっていたら、それに気づいた他の学生が
次々と外に出てきてキャーキャー騒ぎながら
写真撮影会となりました。(上の写真。ちなみに
以前言ってた紅葉の写真も載せておきます。実物は
もっときれいです。)

どうやら虹は世界中の人から愛されているよう。

この2週間はとてもしんどかったぁ。2時間の
プレゼン以外に、いくつものペーパーの提出締め
切りがあったし、山のようなリーディング、レッ
スンプランの提出もあった。水曜日は2週間とも
教育実習で行って見たいと思うところの候補地
(ボストンなど)に行き、担当者と会って学校の
ことについて聞かせてもらったり、面接があったり
もしました。

この忙しい時期に一番大変だと思ったことは
プレゼンのグループワークです。

日本のフィニックスで生徒として、講師として
プレゼンのクラスに関わって思ったのは、
私はプレゼンのワークが本当に好きだということ
です。

ワークを通して、性格や考えの異なる人と目標を
共有しながら、その目標のために議論したり、
練習したりすることで、英語だけでなくたくさん
のことを学べると思うからです。
そして何より、プレゼンをしたり見たりするのが
大好き。

時には難しいこともありましたが、みんなとワーク
することに大きな意味を感じ、楽しむことができたし、
教える立場ではやりがいを感じていました。

でも、SITの学校での今回のプレゼンのワークは、とても
しんどかったぁ。こんな体験は生まれて初めて。

5人のグループでしたが、アメリカ人が2人、
ウクライナ人、韓国人、日本人(私)が1人ずつの
構成。アメリカ人のうちの1人とウクライナの子が
内密で2人だけでミーティングを繰り返し、みんなで
集まった時は、自分達の意見を一方的に言って、私達に
これをやってきてと宿題を課しました。他のメンバーが
いろいろな意見を言っても聞こうとしませんでした。

結局、その2人はプレゼンの直前1日前まで
何もやってきませんでした。
2人の意見は具体的なものではなかったので、
私を含めた残りの3人は最後まで何を具体的にやればいいか
分からず、でも分からないながらもスケジュールを立て、
意見交換をし、協力しながら自分達のプレゼンで何を
伝えたいかを何とか形にして、練習を繰り返し、本番を迎えました。

本番では準備や練習を十分していた
私達のパートは何とかうまくいきましたが、その2人の
パートの内容が思うようにオーディエンスに伝わりませ
んでした。

プレゼンを終えて学んだのは、世の中にはホントに
いろんなタイプの人がいて、異なるアイディア、意見、
知識や経験をシェアするのは簡単なことではないという
ことです。

日本では、大半が日本人、時にわずかに韓国人という
グループでワークをしていたので、1
人1人別の人間だけれど、同じ国、もしくは近い国で、
ある程度の共通認識で、これはグループの中でやって
はいけないこと、しないほうがいいことがあるんだと
いう思いがあるんだと思います。
日本でのワークでも問題はいろいろありましたが、
今回の比ではありませんでした。

国や文化が異なると、共通なものを持つことが難しく、
また、異なるものを共有し、よりいいものを作っていくという
価値観がない人がいると、さらに難しくなります。

いろんな角度から、2人の他の人の話を聞いてもらえるように
働きかけましたが、うまくいかなかったな。

それでも、どんな人とも、いろんなコミュニケーションの中で
信頼関係を作っていけば、よりよりものが作れると信じる気持ちは
変わりません。今後どうすればいいのか、自分に何が足りなくて
うまくいかなかったのか、それをどう変えていけばいいのか。
今後の大きな課題です。がんばるぞ!

Today's expression:

Your body needs good food to be healthy.
Your spirit needs joy and happiness to be strong.

体の元気には栄養、心の元気にはうれしいことや楽しいこと
が必要!



posted by Yukari at 01:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

Crazy About Sushi

Kakkyがコメントしてくれたように(Kakkyありがとう!)
こっちは気温もだいぶ下がってきて、冬が近づいている
感じです。紅葉は日本時間の今週が見頃。本当に
見事な景色。とびっきりのいい写真が撮れたらお見せ
します。

最近、気づいたことは、学生、スタッフ、教授問わず、
寿司好きな人がとにかく多い!ただ好きというんじゃ
なくて、もう好きで好きでたまらないっていう感じ。

先日、イチローの所属してるマリナーズの本拠地シア
トル出身の子とアメリカに長いこと住んでいるコロンビア
出身の子と3人で話した時の会話です。

シアトルの子(Kim):シアトルにはおいしいお寿司屋さん
がいくつもあるんだ。 (興奮気味)

コロンビアの子(Carolina):へえ、私もおいしいお店何件
も行ったことあるよ。知ってる?ベルトコンベアみたいなので
お寿司が回ってくるお店があって(回転寿司屋のこと)、
お皿の縁のどりの色によってお寿司の値段が違うんだよ。


K:そんなのあるの?おもしろーい!

Yukari:日本ではそういうお店はすごく安く食べられるの。

C:ところで、ゆかり、お寿司作れる?

Y:お寿司屋さんでバイトして握ったことあるけど、
本格的じゃないよ。おいしいお寿司を握るには技術が
いるから。(躊躇気味。)

C:そんなの気にしない。学校のインターナショナル
フードフェスティバルで作って。(ゆかりの手を握る)

K:作ってー。(すがる)
お寿司作ったらゆかりフェスティバルの
ヒロインだよ。みんなお寿司に殺到するよ。

15年前に初めてアメリカに来た時はお寿司の話は
聞かなかった。寿司ブームはここ10年以内だと思う
んだけど、野茂などの日本人の野球選手がアメリカで
活躍するようになったからでしょうか。

余談ですが、イチローや松井(秀)なども日本人選手は
アメリカでも高く評価されていて、ファンの人も多いです。
でも、自分の地元のチームのことしかあまり知らないみたい。
私は野球好きなので、こういう話をしてると
実際に見に行きたくなる!

お寿司などの日本の食文化やテクノロジー、アニメ、スポー
ツの分野での功績で、日本は世界の人達に高く評価され、多くの
人の生活の一部になっていることを実感します。

来年の3月にシアトルで、私が今勉強しているTESOL
(英語教授法)の大きな会議があって、ぜひ参加したい
と思っています。その時にうわさのお寿司を食べたい!
でも問題はお金…


Today's Expression:
You should respect everybody because
everybody has a place in the world.

自分のbeliefとteachingをどう結びつけるかという
内容のことをライティングの課題で書きました。

これは私が自分の人生とteachingにおいて
大切にしているbeliefです。これをいかなる状況
でもその思いを強く持ち、行動することは
難しい!

でも、生徒さんがどんな性格でも、レベルでも、
年齢でも、経験を持っていても、respectして接し、
英語力upのお手伝いをしたい。これが私のbeliefだし、
強く思い、ますますしっかり行動に移せるように
していきたいです。


P.S.もうだいぶ早い時期からホームシック
によくなってます。ひどく落ち込んで、そして
気分を持ち直し、また落ち込んで、持ち直し、
これがここでの私の生活です。

悩んでいても、日本を離れてしまった今、どう解決
することもできないので、こうして、ブログやメール
写真などで、日本にいるみんなとつながっていること
を実感しながら過ごすようにしています。

フィニックスのフェスティバルどうですか?
日本時間で、昨日と今日。
本番の皆さん、ワンミニのプレゼンを
する皆さん、とにかく楽しんでくださいね。
そして先生方もお疲れ様です!

がんばってください。
成功することを遠くから祈っています。

posted by Yukari at 22:52| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

Apple Picking!

P1000665.JPGP1000663.JPGP1000637.JPGP1000672.JPG

今日は土曜日。留学生向けのアクティビティで
Apple Pickingに行って来ました。ここVermont州は
maple syrupで有名な場所なんですが、りんごも有
名で、いろいろな種類のりんごがあります。全体的に
日本のものより小ぶりで、学校のカフェテリアでは
丸ごとりんごが置かれていて、みんなそれをかじって
食べます。

りんご狩りは生まれて初めてで楽しみだったんですが、
やってみたらただもぎ取るだけであれっ、こんなもん?
ていう感じ。でも、種類によって全然味が違っておいし
かった。もちろん、私は日本のりんごの方がおいしいと
思うけど。

ちなみに木からたくさんりんごが落ちていて、そのまま
放置されていてびっくり!日本のりんご農家では
もっと1つ1つを大切に作っているという印象があった
ので、国によってだいぶ違うと感じました。

それから、アフリカ(例えばナイジェリア)やインドネシア
出身の友達は、秋がない国から来ているので、
紅葉を見るのはここアメリカのバーモント
に来て初めて。絶景を見て私以上にはしゃいでまし
た。

りんご狩りをした後に、馬車に乗ってりんごがなって
いる場所をぐるっと回ったんですが、その山から見える
景色は本当に見事。全員興奮。

最後にアップルサイダーを飲み、アップルドーナツを食べて
写真撮影会となりました。

アップルサイダーと言っても、炭酸は入っていません。
サイダーなのに!と思ったけれど、こちらでは炭酸が
入ってなさそうな飲み物もサイダーと呼ぶことがあります。
中身についてアメリカ人に聞いても分からないようなので、
よく分かりません。味は、りんごジュースとアップルティー
を混ぜたような感じ。結構おいしかった。
誰か詳しいこと分かる人がいたら教えてください。

Today's expression:

I'll whip you into shape.

鍛えなおすわよ!

今、1月から始まる教育実習に行く学校の候補先に
向けてのレジュメやカバーレターを書いてます。
学校の中にそういう書類のサポートをするオフィスが
あって、その担当者に、これから提出する書類に目を
通して、アドバイスをもらいたいと頼んだ時に冗談で
言われました。

いつでもいらっしゃい。やってあげるわ!というのり。
空手を習っていて、日本が好きな乗りのいい
スタッフです。学校には彼女のように日本好きな人
が結構います。
posted by Yukari at 11:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。