2006年10月07日

Crazy About Sushi

Kakkyがコメントしてくれたように(Kakkyありがとう!)
こっちは気温もだいぶ下がってきて、冬が近づいている
感じです。紅葉は日本時間の今週が見頃。本当に
見事な景色。とびっきりのいい写真が撮れたらお見せ
します。

最近、気づいたことは、学生、スタッフ、教授問わず、
寿司好きな人がとにかく多い!ただ好きというんじゃ
なくて、もう好きで好きでたまらないっていう感じ。

先日、イチローの所属してるマリナーズの本拠地シア
トル出身の子とアメリカに長いこと住んでいるコロンビア
出身の子と3人で話した時の会話です。

シアトルの子(Kim):シアトルにはおいしいお寿司屋さん
がいくつもあるんだ。 (興奮気味)

コロンビアの子(Carolina):へえ、私もおいしいお店何件
も行ったことあるよ。知ってる?ベルトコンベアみたいなので
お寿司が回ってくるお店があって(回転寿司屋のこと)、
お皿の縁のどりの色によってお寿司の値段が違うんだよ。


K:そんなのあるの?おもしろーい!

Yukari:日本ではそういうお店はすごく安く食べられるの。

C:ところで、ゆかり、お寿司作れる?

Y:お寿司屋さんでバイトして握ったことあるけど、
本格的じゃないよ。おいしいお寿司を握るには技術が
いるから。(躊躇気味。)

C:そんなの気にしない。学校のインターナショナル
フードフェスティバルで作って。(ゆかりの手を握る)

K:作ってー。(すがる)
お寿司作ったらゆかりフェスティバルの
ヒロインだよ。みんなお寿司に殺到するよ。

15年前に初めてアメリカに来た時はお寿司の話は
聞かなかった。寿司ブームはここ10年以内だと思う
んだけど、野茂などの日本人の野球選手がアメリカで
活躍するようになったからでしょうか。

余談ですが、イチローや松井(秀)なども日本人選手は
アメリカでも高く評価されていて、ファンの人も多いです。
でも、自分の地元のチームのことしかあまり知らないみたい。
私は野球好きなので、こういう話をしてると
実際に見に行きたくなる!

お寿司などの日本の食文化やテクノロジー、アニメ、スポー
ツの分野での功績で、日本は世界の人達に高く評価され、多くの
人の生活の一部になっていることを実感します。

来年の3月にシアトルで、私が今勉強しているTESOL
(英語教授法)の大きな会議があって、ぜひ参加したい
と思っています。その時にうわさのお寿司を食べたい!
でも問題はお金…


Today's Expression:
You should respect everybody because
everybody has a place in the world.

自分のbeliefとteachingをどう結びつけるかという
内容のことをライティングの課題で書きました。

これは私が自分の人生とteachingにおいて
大切にしているbeliefです。これをいかなる状況
でもその思いを強く持ち、行動することは
難しい!

でも、生徒さんがどんな性格でも、レベルでも、
年齢でも、経験を持っていても、respectして接し、
英語力upのお手伝いをしたい。これが私のbeliefだし、
強く思い、ますますしっかり行動に移せるように
していきたいです。


P.S.もうだいぶ早い時期からホームシック
によくなってます。ひどく落ち込んで、そして
気分を持ち直し、また落ち込んで、持ち直し、
これがここでの私の生活です。

悩んでいても、日本を離れてしまった今、どう解決
することもできないので、こうして、ブログやメール
写真などで、日本にいるみんなとつながっていること
を実感しながら過ごすようにしています。

フィニックスのフェスティバルどうですか?
日本時間で、昨日と今日。
本番の皆さん、ワンミニのプレゼンを
する皆さん、とにかく楽しんでくださいね。
そして先生方もお疲れ様です!

がんばってください。
成功することを遠くから祈っています。

posted by Yukari at 22:52| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。