2007年06月03日

Spring Is Over

またまた、すっかりご無沙汰です。
5月の初めに訪れた春があっという間に終わり、
夏突入。日差しが強い夏がやってきました。そして
突然雷雨が襲う。一日天気はとっても忙しいです(笑)

季節の移り変わりと共に春学期終了!
長かったぁ。しんどかったぁ。お陰でブログ
書けませんでした。見てくれてた皆さん、ごめんなさい。

3月からの春学期、
脅威の課題の種類と多さに参りました。
特に5月は大きな課題の提出期限が重なって。

でも、それぞれのクラスでの学びは大きかったですよ。
English Applied Linguistics (EAL)でも、とてもユ
ニークな大きな課題が出て、自分の授業を振り返り今後の
参考になるよい機会になりました。

課題:Discourse Analysis
冬のインターンシップで自分の授業をテープ
やビデオに録音し、その中で分析するテーマ(例えば、生徒の
英語の間違いを生徒達や講師がどのように直すか、発言がどのような
流れや順番で行なわれているかなど)を決め、
録音(録画した)のうち5分ほどの分析したい部分を選ぶ。

どのような特徴の学校、教室、コースで、どういう生徒達で
どんな目標で学習してるかなど細かく説明し、
生徒や私が何を言ったか、発言の間が何秒か
何をしたか、細かくスクリプトの形式で書く。

生徒や学校、クラスなどの特徴から、どのように会話がなされ
どういう経緯になり、結果どのようなことが起こったか、それに
ついてどう思い、今後どういう課題を持ってクラスに望むか、
スクリプトを見ながら分析する。

最終的に20ページほどの分析ペーパーを書きました。
私は、録画したので、自分や生徒の1人1人がどう会話
しただけでなく、どういう表情だったのかもよく分かり、
言語にフォーカスをおいた分析だけでなく、各生徒さん、
そして私の感情がどのように移り変わっていくかも分かり
とっても勉強になりました。

日本での授業では使ったことのないSilent Way
というアプローチを試したのも大きな成果。
講師のsilentがどのような意味を持ち、どのような
学習効果を上げるか実感。

私が意図的にポイントを説明しなかったり、
答えを言わないことで、生徒さん達が自分達の
間違いをディスカッションして
直していく力を身につけられたり、自ら
答えを導き出すことにより大きな自信を得られたり。
さらには、私が黙ってアクションをする
ことにより、生徒さんがそのアクションから何を私が
伝えたいのかということに集中できるようになったり。
silenceの効果は絶大でした。

また、silenceの時間も効力に大きな影響を持ち、
どのタイミングでどれほどの私のsilenceが必要か
ということも分析したことで発見できました。

このアプローチは、日本で日本語を教えるアプローチ
として有名ですが、英語を教えるアプローチとしては
あまり知られてません。

私は純粋なSilent Wayを生徒さんのレベルや特徴に
合わせて自分なりにアレンジするやり方が気に入っています。

英語力向上できる可能性を
誰でも持っているという私自身の信念に通じるところが
大きいアプローチなので、ぜひ日本に帰ってから
やってみたい!

Today's expression:

Students need to develop their own inner criteria for corrections - trust and to be responsible for their own
production in the target language.

Larsen-Freeman, D. (2000). The Silent Way. Techniques and
Pricniples in Language Teaching (60).
Oxford: Oxford
University Press.
posted by Yukari at 13:31| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。