2007年09月20日

Losing energy?

fasting pic.JPG

今日は授業がお休みの日。こちらは水曜の午前11:00。
日差しを感じながら、リビングでこれを書いてます。

こんな風にリラックスしたお休みは久しぶり。
大学院での授業、就職活動、portfolioの作成、
仕事が見つかってからの部屋探し、引越し、休みなく
仕事がスタート。ゆっくりできる休日がなかった!

午後からずっと授業の準備なので、またお仕事モードに。
ささやかながら、のんびりの時間を味わってます!

前回紹介した2つのコース。生徒がちょっとお疲れ。
多くの生徒が2、3週間前に自国からアメリカに来たばかり。
慣れない生活や、英語での会話の不便などからストレスも
あるよう。

おまけにイスラム教のラマダーンの時期が始
まったので、パワーダウンしてるのかも。ラマダーン
(日本ではラマダンって言うほうが多いかも)を
知っていますか?


彼らは陰暦のカレンダーの決まった時期に約1ヶ月ほど
日中の絶食をすることになっています。彼らの暦での
9月をラマダーンと呼ぶそう。今がその時期で、ラマ
ダーン中は絶食(fasting)をすることになってます。

宗派が異なると戒律も異なるようだけど、私の生徒の
行っているfastingは、日が出ている間は、口に何も入れ
てはいけません。食べ物も飲み物も。日が沈んだあと
から日が出るまでの間に、飲食をします。

お昼過ぎたクラスでは、他のクラスメートは食事して
エネルギー補給して元気なのに、絶食中の生徒の中には
元気がなくなっていくように見えるメンバーも。目に力が
なくなったり、集中力が散漫になったり。

しかも、リーディングのクラスの生徒の一人は風邪を引い
てせきをしていたんだけど、日中は薬も飲んじゃいけない
らしい。そのせいか、次の日は欠席してしまった!

イスラム教を信仰していない日本人から見たら、
大変そうに見えるし、少しくらい戒律を破ってもいいかもって
思うかもしれないけど、絶対だめ!彼らの信仰心は
とてもあつい。

むしろ、体が軽くなって、そのような絶食が好きという
生徒もいます。

以前、フィニックスで、生徒としてビジネスプレゼンテー
ション(今はロジカルプレゼンテーションに変わってます)
のクラスで絶食(fasting)をトピックに選んだんです。

私たちは宗教的なことではなく、健康面でfastingがどのよう
な効果があるかをリサーチし、各メンバーが実際に絶食を体験し、
そのデータを使って効用を実証しました。

今教えているクラスの生徒が言うように、本当に体が
軽くなったんです!体の老廃物も減り、気分も体もリフレ
ッシュ!体重もちょっとばかり軽くなり、一石三鳥か四鳥
にもなった。

でも、もし試したい人がいるなら、専門家に相談するか
専門機関に行ってやってくださいね。素人考えでやると
危険です。念のため。ちなみに私たちのfastingは多少口に
していました。全く飲食しないのは危険です!

話は戻って、各生徒のそれぞれの事情で少しお疲れなので、
私は本当は厳しい?講師なのですが、少しペースを落とし
ながら授業をしました。

fastingの時期が終わる10月の中旬まで、果たして授業は
どうなるかなぁ…彼らもうちの学校のペースに慣れてくると
思うので、通常通り進められるようになると思うけど。

Today's Expression:

You have to accept whatever comes and the only
importnant thing is that you meet it with courage
and with the best you have to give.
-Eleanor Roosevelt




posted by Yukari at 01:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。