2007年09月30日

Sox Got ALCS Ticket!

今日、我がBoston RedsoxがDivision Seriesを
勝ち抜き、ALCS(American League Championship Series)
に進出が決定しました。

今日は、テレビで観戦してたけど、実は先々週のRegular Seasonの
優勝を決めた松坂の試合と、先週のDivision Seriesの2戦目
同じく松坂の試合を球場に行って生で見てきたんです!

メジャーリーグで日本人選手を応援するという長年の夢が
かなった!しかも大事な大事なそしてものすごい盛り上が
った試合。

大好きなメジャーの試合観戦で、ただ野球を堪能しただけでなく、
日本人として誇りに感じながら、アメリカの文化を堪能し、素
晴らしい経験をしました。

1試合目の観戦は、同じ大学院に通い、今は同僚の
お友達、HeywardとSheiと一緒。

P1020747.JPGP1020735.JPGP1020723.JPG


球場の中に入ったら、思いっきりそばのブルペンで松坂が
投球練習。思わず、日本語で「がんばって〜」と叫んでし
まった。そして、直前に買ったMatsuzaka 赤Tシャツを着て観戦。
サイズはキッズのM。

彼の試合ということもあって、たくさんのファンが
彼のTシャツを着ていました。日本で報道されてるかも
しれないけど、松坂のTシャツは選手の中で最もバラエ
ティーに富んでます。"マツザカ"や"松坂"という日本語
Tシャツも大人気。

こちらアメリカでは、日本語や中国語の字の入った
アイテムが結構人気。かっこよかったり、きれいに
見えるらしい。ちなみにSheiは「強」を背中に刺青してる。

それに、松坂が三振をとるピッチャーとして知られ
ているため、三振を表す"K"を強調して、下の名前で
"Dice-K"とも呼ばれている。雑誌新聞などでもそう
書かれているし、もちろんTシャツもあります。

ちなみにDiceは英語でサイコロのこと。サイコロの
絵が入ったDice-K Tシャツも大人気。7イレブンで
見つけた非公式(?)のTシャツにはなぜかサイコロ
の絵とともにBonsaiの字も。全く意味がわかんなかった。

松坂の名前と番号が入ったおもちゃのサイコロも子供には
人気です。

この日は松坂大輔が日本人新人の年の最高勝利15勝目を
上げて、Red Soxはシーズン優勝!

先週の金曜日はpost seasonというレギュラーシーズン後の
選抜されたチームが戦うシーズンのDivision Seriesの2試
合目。

試合が始まると、松坂がひとつストライクを取るだけで、
大拍手と歓声。そして、三振を取ると、大喝采。
日本でテレビを見てた時はKのポスターはどうやって手に
入れてるのかと思ってたけど、球場の外で試合前タダで配
ってて、それを三振の度に掲げました。

Redsoxのファンは、阪神ファンに近いかなぁ。
勝とうが負けようが、活躍しようがしまいが選手やチームを
心底愛してる。でも、自分のチームや選手に野次を飛ばさない
野が大きな違いかなぁ。松坂が打たれても、ため息はつ
いても、彼に野次は飛ばさず、打った相手にする。
彼が打たれて5回の交代の時は、温かい拍手が起こった。

調子の悪い人を責めても、余計に悪くなるだけ。励まして、
本人に自信を取り戻させたり、リラックスさせることが大事
というアメリカ人の考え方が応援に反映され
ていると実感。

この試合で最も楽しみにしてたのがもう一人の日本人
ピッチャー岡島の登板。彼はいつも引き分けか勝って
いる時の7、8回に登場して1回ほど投げる中継ぎピッ
チャー。Redsoxの中で、私が一番好きな選手。

彼の人気は絶大。みんなは岡島にテーマソングが
作られたの知ってますか?ファンもチームメートも
そのノリノリの歌がお気に入り。

7回の途中で彼の曲がかかった瞬間、観客がみんな立ち
上がり、彼の歌を歌って彼を迎えました。
そして、1個ストライクを取るだけでものすごい歓声。
松坂よりも歓声が大きい。1、2ストライクでみんな
立ち上がり、三振を取った時のみんなの騒ぎようといっ
たら、試合勝ったんじゃないかと勘違いするくらい。


彼はコントロールがいいことで知られているので、
2ストライク3ボールになっても、打ち取ってくれる
という安心や期待があって、その日も彼はファンの期待
を裏切らなかった。さすがわれらの岡島。

彼の今シーズンの活躍は、こちらではもしかしたら、
松坂の何倍も何十倍も、専門家から、他のチームから
ファンからも評価されてるかも。

話は買い物の時のことに戻ってしまうけど、
チームのグッズを売るお店で岡島のTシャツを買った時、
他のお客さんが何人も岡島のグッズがあるかどうかお店
の人に聞いてたんです。だけど、残念ながら彼のグッズは赤と
青のTシャツのみ。カードやバッジはなし。
どうやら、活躍が期待されてなくて、
作られなかったよう。来年は絶対たくさんあるよと店員
さんのコメント。

活躍し始めたのがとうの昔の4月だったのに、
グッズが作られないのは、契約が厳しいアメリカ社会だから?
なんてことを思ったりもしました。

さて試合では、日本での応援は、応援しているチームの
ピッチャーが投げる時は比較的静かで、集中させてあげる
ような雰囲気が出来上がるけど、こちらは、みんな騒ぐ騒ぐ!

Go!GO!などと言って、いいところになると、立ち上がって
叫んでピッチャーを盛り上げるので、日本人のピッチャーは
こういうことにも慣れるの大変だったりして…

応援といえば、アメリカの球場では歌が欠かせません。
知ってる人もいると思うけど、試合前の国歌で、
ゲストが登場し、観客は起立、脱帽して
聞いていたり一緒に歌います。

7回の裏の地元のチームの攻撃が始まる時は、
Take me out to the ballgameをみんなで立ち
上がって歌うのは有名。

それ以外にも、イニングが変わる時にはロック
などの盛り上がる曲がかかります。
そのうちの数曲は大勢立ち上がって手でポーズを
取ったり、踊ったりしながら歌います。

日本では、踊る人はほとんどいないんじゃないか
なぁ。応援の違いでも文化の違いを実感。

ものすごい応援を受けて、この日はRedsoxが場外ホームランで
サヨナラ勝ち。

ただでさえ、アメリカにいる人みんなが楽しみにするFriday
night。2試合ともBostonersには最高のFirday nightでした。

これからはテレビ観戦。でも、ますます試合が楽しみ!

Today's expressions:
三振:strike out
ファーボール:walk
(岡島のような7、8回に出てきて最後のピッチャー<ク
ローザー>につなげる役割の)中継ぎピッチャー:
set upper, set up man
サヨナラホームラン:walk-off victory
posted by Yukari at 05:21| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。