2006年08月08日

SIT

Hi.

こんにちは。久しぶりにブログを見たら、何人もコメントを書いてくれてるのを見ました。どうもありがとう!2日にアメリカに入国し、NYとボストンに少し滞在し、おととい無事にVermont州のSchool for International Training (略してSIT)に到着し、今日、2日目のクラスが終わりました。その間1週間ほどインターネットができない状態で、ブログを更新できませんでした。ブログの更新を待ってくれてた方、ごめんなさい。

この1週間で書きたいことは山ほどあって、どのことについて書いたらいいか
迷ってしまいますが、今日は学校の簡単な紹介とこの学校に来て特に感じたことを書きます。

SITは山々に囲まれたとても田舎にある学校で、他に何もありません。
周りの景色は今まで見たことがないくらい素晴らしいものです。デジカメで撮った景色を後で送るので、ぜひチェックしてしてください。

Vermont州が田舎のせいなのか、日本にいた時には考えられないくらい時間がゆっくり流れています。学校の教授やスタッフの仕事のペースもゆっくり。日本人、特に都会に住んでいる人達では考えられないくらい、自分達のペースで仕事をしています。そのマイペース振りがすごいです。

例えば、学校の各オフィスは私達の授業が終了する前に閉まってしまいます。分からないことやトラブルがあっても、なかなか聞きに行けません。日本でこんな短時間しかオフィスが空いてなかったら、誰もが苦情を言いそうです(笑)彼らのマイペースぶりを見ながら、私のばたばたした東京の生活とのギャップを感じつつ、自分はもう少し大きく構えて余裕を持って仕事や生活をする事が大事かなと思っています。

学校に来て3日目になりますが、学校のプログラムが全て国際的に活躍したい人たちのためのものなので、いろいろな国から人が集まっていて、すでにたくさんの人達と友達になりました。

学校から奨学金を全額貰っているパレスチナから来た40代の男性は、難民キャンプ出身で、自国に戻ったら難民キャンプの子供達のために学校を作りたいと夢を語ってくれました。インドネシアから来た女性は、いつもターバンを巻いていて、宗教が生活に密着しているのを感じています。Tsunamiで学校がいくつも破壊されてしまい、1つの学校に押し込められてしまった生徒達に少しでもいい授業をしてあげたいと授業に積極的に取り組んでいます。

これから、毎日いろいろな国籍の、いろいろなbackgroundを持った人達と接し、文化や教授法などをシェアしていくのがとっても楽しみです。

ただ、周りに山しかないこの不便な生活にいつ慣れるのやらちょっと不安。それに、healthyで繊細な味の日本食がすでに恋しくなっていますが、少しずつこちらの生活に慣れるようやっていきたいです。(フィニックスのみんなや家族、友達に会えないのがとっても寂しいけどね。)

とりあえず、ちゃんと生きてますので、日本のみなさん安心してください。

Today's expressionを送ります。Project Work Tのクラスで私のクラスを取ってたメンバーは知ってると思いますが、メンバーが話したり、メールで書いた間違いをまとめて間違い探しクイズと解説のシートを作っていました。
留学中は、こちらで出会って心に残った表現などをお伝えします。

I possess my own identity, completely different from any other.

授業で読んだ話の中で出てきた文です。同じ民族や人種でも、同じ国や地域やグループ、組織に属していても、似たようなbackgroundや文化を持っていても、同じ宗教を信仰していても、同じ言語を話していても、それらが人の本当のidentityを決めるわけではない。すべてが重なり合って、1人の人間になっているので、誰もが他の人達とは異なるidentityを持っている。だから、もし他の人が自分と異なると感じても、その人を拒絶したり、敵対してはいけない、争ってはいけない。その違いを受け入れることが他の人のidentityを尊重し、さらに自分自身のidentityをも認めることにつながるのだと感じました。

単一民族、単一言語の日本を離れ、わずか3日だけれどいろいろな人達と接して、この表現の重みを感じました。

長くなりましたが、久しぶりだったのでご了承ください。











posted by Yukari at 10:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なかなか興味深い経験ですね! さて、リンクにアクセスしようとすると、広告にリンクしてしまいます。多分設定の仕方で解決できると思いますよ。
Posted by ケロロ軍曹 at 2006年08月09日 23:20
無事でなにより。
出発前の準備が心もとなさそうだったからねー。

写真はブログにアップしてください。
むずかしくないはず!
Posted by makie at 2006年08月10日 22:36
Yukari〜, I was waiting for your first comment.

N.Y.の熱波でやられてへんかなーとか
えらい心配したでー。無事到着してほんま
よかった。

フィニックスとはまた違った刺激が
あるみたいですねー。環境に徐々に慣れて
体を壊さないように気を付けて下さい。
Posted by Kakky at 2006年08月10日 23:22
いやー、やっと日記更新されましたね。1回で終わりかと思いましたよ。御殿場も、完全に秋の気配ですが、そちらはもっと秋深しって感じでしょうね。ゆったりした生活をすべきではないかという心境の変化、面白いですね。果たして2年後はどんなになっているやら、楽しみです。
Posted by しんいちろう at 2006年08月11日 04:23
Hello !This is TomoP。
たった3日でこんなにたくさんのことを学んでるなんて(゜o゜)2年後はどんなことになっちゃうのでしょうか?!
Posted by TomoP at 2006年08月12日 00:49
ゆかりさん、こんにちは。お元気そうですね。

僕は、大使館でビザ申請の時に偶然お会いした、元フィニックス生です。久々にmixiをのぞいたら、ゆかりさんのブログがあるのを知って、拝見しました。

なんと、今月アタマにボストンにも寄っていたのですね、、。むぅ、残念。

先週で語学学校が終わって、腑抜けな状態っす。
Posted by にょろまる at 2006年08月20日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22079220
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。