2006年08月31日

Back to SIT Campus

P1000375.JPGP1000374.JPG


今日、無事にNYから戻ってきました。
疲れたけど、楽しかった。今回は2度目のNYで、さらに
新しいことが体験できて大満足の旅行でした。

今回のベスト1は1つに絞りきれなかったのですが、
ミュージカル"The PHANTOM of the OPERA"とSt.Paul's Chapelです。

"The PHANTOM of the OPERA"は見たことある人も多いと思いますが、
(特にフィニックスのミュージカル大好きな生徒さん)歌も音楽も
演技もステージのセットも、衣装も想像していた何倍も良かったです。
ステージから遠い席だったので、役者さん達の顔の表情までわかりま
せんでしたが、しっかり気持ちが歌や演技に込められていて伝わってき
ました。感激屋の私は涙しまくりで、1日経っているのにいまだに目が
腫れています(笑)何度も見たくなる作品でした。私のお気に入りは、
Phantomを演じたHoward McGillinです。Phantomのせつないやり場のない
気持ちが痛いほどに伝わってきました。

今までほとんど誰にも言ったことありませんでしたが、小学生の頃、
親に連れられてミュージカルを見に行き、あまりに感動して、
ミュージカルスターになりたいと思ったことがあります。ほんの短い
間ですが・・・ 私、結構その気になりやすいタイプなんです。単純
だから。見たミュージカルの1つは、タイトルは忘れてしまったのに、
その中で歌われてた歌をいまだに覚えてます。大人になってからあまり
ミュージカルを見ていませんが、本当はすごく好きなんですよね。

ちなみに、歌やお芝居を見るだけでなくするのも好きです。ですから、
フィニックスで生徒さんたちがドラマの練習してるとうらやましくなる
時があります。でも、ほとんどの時が、内心はらはらどきどきしながら、
みんながうまくいくように祈る思いでいますけどね。半分冗談、
半分本気です(笑)

さすがに今回は、再びミュージカルスターになりたいとは全く思いま
せんでしたが、すばらしい作品に出会えてほんとに良かったです。


そしてもう1つのベスト1はSt. Paul's Chapelです。ここは、ワ
ールドトレードセンター跡地に面している教会で、テロリストの
攻撃で亡くなった人達の写真やその人たちの家族、友人、恋人からの
メッセージが飾られていました。

さらに、日本からたくさんの千羽鶴がメッセージと共に飾られており、
説明書きがありました(上の写真)。千羽鶴の多くは学校の生徒、職員が
送ったもので、説明書きには、これらのほとんどが原爆の被災地となった
広島、長崎から送られたと書かれていました。

ぱっと見た時に、単純に日本を感じられてうれしくなり(ホームシックなのか
なぁ)、よく見ていくうちに、離れていても亡くなった人を思う日本人の
温かさに触れじーんときました。そして、説明書きを見て、広島、長崎から
送られてきたというコメントはあえて入れられたんだと理解し、書いた人の
思いを想像しました。この人は、原爆投下やテロリストの攻撃についてど
う思っていたのかと。

明日からinternational students向けのオリエンテーションが始まります。
最近落ち込むこともあったけれど、また前向きにがんばります!

Today's Expression:

Removed from me in body
But never far from my heart

教会に飾られていた若いカップルの
写真の横に書かれていたメッセージです。
愛する人が亡くなっても、2人の心はいつまでも
つながっているでしょう。













posted by Yukari at 10:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NYでオペラをついに見たんですね。よかったですね。残念ながら、私は、その感動を共にには出来ませんでしたが、いつか行ってみたいと思います。リフレッシュしたところで、明日へ向かって、ジャーンプ!
Posted by しんいちろう at 2006年08月31日 18:33
毎回の表現を「なるほど〜」と思いながら読んでいましたが今回は泣くかと思いました。いい言葉…ありがとう、ゆかり(T_T)
Posted by sachiko at 2006年09月02日 18:48
Opera座では号泣、Chapelでは涙が止まりませんでした。

今勉強している学校には、自国内や他国とで紛争をしている、また以前にして、それが原因で復興できずにいる国から来ている人たちがたくさん通ってきています。祖国を救うため、人々に安心できる生活を求め、勉強をしに来ています。

テロや紛争、戦争などのせいで大切な人を失った人達、けが、被害にあった人達、話に触れると、世界が平和であるように願わずにはいられません。

この地球のあちこちで、毎日立ち直れず苦しんでいる人がたくさんいます。NYの旅行とこの学校の生活で、毎日そのことを自然に考えるようになりました。今はそれが生活の1部です。
Posted by yukari naganuma at 2006年09月03日 12:42
Hi ゆかり. 同感ですね。日本でも、毎日、悲惨な事件が起きている。社会全体が救いを求めているようなそんな感じです。一歩づつしか多分よくならないと思いますが、なにかやるしかないなと思います。
Posted by しんいちろう at 2006年09月05日 05:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23051337
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。