2006年09月13日

Nazdar!

タイトルはスペルのミスなんかじゃありません。
チェコ語でHello!そうです。なんと私、
チェコ語のクラスを取っています。しかも必修です。
なぜチェコ語なのって感じですよね。

Schock Languageというクラスで、チェコ語、韓国語、タイ語
があるのですが、選べなかったんです。学校側が3グループ
に学生を勝手に?振り分けました。
これがショックのスタートです(笑)

母国語じゃない言語を学ぶ生徒の(例えば、英語を学んでる
フィニックスのみんなの)気持ち、習得の仕方、問題点を理解
するためにいろいろなクラスがあります。Shockのクラスも
そのうちの1つで、チェコ語のクラスは当然チェコ語だけで
授業が行われます。

今日はレッスン2日目。
11−20までの数え方と、教室内にあるものの名前、「これは何
ですか。」とその答え方。「彼は誰ですか。」「先生です。」
などの受け答えをやりました。

チェコ語のアルファベットを見たことも聞いたこともない私は
完全に初心者です。楽しいクラスなんだけど、授業にすごい集中
してるあまり、クラスの後はどっと疲れます。

何回言っても、次の日には結構忘れてるから、繰り返しやることの
大切さと、初心者の気持ちがわかりました。授業楽しくなかったら
相当つらいだろうと…。フィニックスで私の授業を受けてたメン
バーはどんな思いだったのかと考えてしまいました。

チェコ語を習い始めたら、チェコに行ってみたくなりました。
そこの人たちや文化に触れたい。チェコの食べ物を味わってみたい。

今、夜の10時。100ページ近くある教材を読んで意見をまとめないと
いけません。明日も2クラス。1クラスが長いし、課題が多いので、
タフです…。でもがんばります。

Ahoj!(=Bye!)

Today's Expression:

I have moved from seeing cultural bridging as a skill
necessary when communicating across cultures-to create
strong relationships with colleagues, for example-to
seeing culture learning and understanding as an integral
component in the language learning process."

By Josephine Clark Kennedy








posted by Yukari at 11:10| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、タイトルはチェコ語でしたか!
 チェコ語の勉強が出来るなんて、ある意味うらやましいです。
 私は、無く子も黙る(?)チェコマニアw。
 チェコには2回行きました。
 あの国は、酒もご飯も美味いし、治安は良いし知的で親切な人ばかりだし、文化財に溢れているし、街中どこでもクラシックが流れているしで、おとぎの世界みたいな国です。
 ぜひ、遊びに行ってください。
 なお、私は「日本チェコ友好協会」の会員で、チェコ人の知り合いもいるので、何かの便宜が図れるかもしれません。何かあれば、声をかけてくださいね♪
Posted by Nobu(Bucky) at 2006年09月13日 17:14
チェコ語のクラスをとらされたのですね。
あー、難しそう。
30代になると記憶力も衰えるしね。・・・あ、もちろん、これ、自分のことです(笑)。
Posted by YUMA at 2006年09月13日 18:22
フィニのみんなは、前向きな人ばっかりなので、
授業楽しんでますよー・どの授業とっても、それぞれの良さがあるなぁと感じます。
なので、学期が変わるときは、次何をとろうか、毎回楽しみです。
Posted by ひろりん−ゆみこ−のっこ at 2006年09月13日 20:02
Yukari〜、元気ですか?
学校大変そうですが、そのくらいタフな試練じゃないとYukariには物足りなそうだしぃ。

新しい言語を一から学ぶなんて新鮮ですね!
しかも社会人やりながら片手間で勉強するのと、本腰入れて学生として勉強に集中するのとではまた違うだろうし。

留学、ちょっと羨ましかったり。。

さて、金曜ドラディベクラスは着実に人数が減ってます(危!)でも残った精鋭達で何とか頑張っていこうと思います♪
Posted by nozomi at 2006年09月13日 20:18
Nobu、チェコに行くことがあればお世話になるかもしれないね。その時はよろしく。

Yuma、そうです。記憶力は10代、20代に比べて
かなり落ちてるのでやっぱり覚えるのに時間がかかるよ。でも、50代の人も同じクラスでやっているので、そんなことは言ってられない気がする。
自分のやり方で覚えます。

ひろりんーゆみこーのっこ、ほんとにフィニックスは前向きな人が多い。学校もユニーク。ここへ
来て、フィニックスって世界でも珍しいinputとoutputのバランスが取れてる、さまざまなアプローチを実践している学校だと知ったよ。
フィニックスの話すると、みんな驚くの。
そんなクラス見たことないって。

いろいろ吸収してフィニックスに戻ったら新しいクラスをやろうと思っているので、それまで英語力を磨いといてね!

Nozomi、

学生としてやるのは働きながら勉強するのと違うと思うけど、はっきり言えるのは、日本にいる時に、何を勉強し、どんな仕事をし、何を体験し、何を感じてきたか、留学中に何を学び、卒業後何をしたいか、自分がどうなりたいか、自分なりにしっかり考えをまとめて、準備しておくことが大切。それがちゃんとしてないと、留学してもいろいろ吸収することは難しいと思うし修了できず途中で断念することにもなりかねません。

私が大学の専攻(経済)とは違う専攻で、専門知識がなくても(なんとか?)こちらで授業についていけるのは、生徒として、フィニックスでさまざまなクラスを取って勉強したからだと思ってるし、講師として11年いろんな学校で(特にフィニックスで)いろんな生徒さんたちを教えてきたからだと思います。

特に大学院のプログラムは、その分野の仕事を経験してきてる人がほとんどなので、経験や知識が
ないと全くついていけません。

私の場合は、まだまだ少ないけど経験で知識をカバーしてるところが大きいです。(フィニックスの先生方どうもありがとうございます!)

自分がちゃんと卒業できるかは、完全に自己責任だし、自分が声を上げなければ誰も助けてくれない。忍耐力と目標を達成するという強い信念が
必要。結構シビアだと思います。実際、アメリカ人でもストレスで体壊す人いると聞くし、学校を辞めてしまう人もいます。

留学がいいなと思う人ってほかにもたくさんいるかもしれないけど、日本でそういうことを踏まえてじっくり準備をしてからのぞむことをお薦めします!

結構、楽しいことをブログで書いてるけど、
みんなが思っている以上に(?)大変だと思
います。

今の勉強は、うーんそうだな、フィニックスで
生徒だった時にフェスティバルの直前にプレゼンの準備をしながら、さらに個人の宿題を大量にこなしてる感じ。これが私の毎日の生活です。

へへへ、結構大変ですよ。
Posted by yukari naganuma at 2006年09月13日 22:01
 きゃ〜、ゆかりお久しぶり! ちひろだよ! 元気?? ゆかりのブログの存在、今日知った。びっくり!

 チェコ語ね、あれは格変化が多いから大変よね。私はDobry denしか知らないわ。
 それにね、日ーチェコ語のちゃんとした辞書(初心者レベルじゃないもの)が世に存在しないから、大学でチェコ語専攻だった友人は、英語が苦手だというのに英ーチェコ語の辞書を使う羽目になり、大変そうだったよ。
 なので、日本でチェコ語勉強しようと、アメリカで勉強しようと大差ないから、まぁがんばって!

 …って、この授業の趣旨は、チェコ語をマスターすることじゃないか^^; まぁいいや。せっかくなので、チェコ語漬けの授業を受けるとどの程度マスターできるのか、その成果の報告を楽しみにしています☆ 
Posted by ちひろ at 2006年09月14日 20:47
ちひろ、元気?ブログ見てくれたのね。うれしいよ。チェコ語の格変化は今週習います。ますます
混乱しそう(?)成果(もしくは失敗)はあらためて報告します。

フィニックス通ってるんだよね。私が生徒だった時、一緒にプロジェクトワークやったんだよね。
懐かしい。ますますちひろパワーで英語力磨いてね。
Posted by yukari naganuma at 2006年09月17日 06:33
ちひろ、元気?ブログ見てくれたのね。うれしいよ。チェコ語の格変化は今週習います。

ますます混乱しそう(?)成果(もしくは失敗)はあらためて報告します。

フィニックス通ってるんだよね。私が生徒だった時、一緒にプロジェクトワークやったんだよね。懐かしい。ますますちひろパワーで英語力磨いてね。
Posted by yukari naganuma at 2006年09月17日 06:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。