2007年02月04日

The Course Is Over

P1010402.JPGP1010399.JPGP1010425.JPG

今週、教育実習で担当しているクラスの終了式が
ありました。実習先のリバーサイドという学校は
6週で1コースになっています。私の実習は、コー
スの途中からだったので、なんかあっという間に
終わってしまったっていう感じ!

当日はそれぞれのお国の料理を持ち寄って、パー
ティーをしました。どれも美味!デザートつきの
フルコース。

その後にフェスティバルを開催しました。
終了するクラスのすべての生徒が、
出身国の使用言語ごとにスペイン語、フランス語、
ロシア語、中国語、いろんな言語のメンバーを
ミックスしたインターナショナルグループに分かれて、
出し物をやってくれました。

私の生徒の1人はジョージアという国のピアニストで、
歌手のほかのクラスのメンバーのオペラの伴奏をして
くれました。クラスではたどたどしくちょっとおどおど
してる彼が、ピアノを弾き始めた瞬間から全く別人に。
自信と優しさに満ち溢れた音楽家に。

彼の優しく繊細な曲に感動しつつ、今まで見ていた彼は
言葉の壁に覆われた、ホントの彼のほんの一部分だった
んだと実感しました。

ラテンの曲に合わせて踊ってくれた4人は、
学校からkick out(やめさせられ)されてしまいます。
学校で不祥事を起こしてしまったためです。
母国のドミニカ共和国で、あまりちゃんとした
教育を受けたことがないメンバーでした。

クラスで、彼らがやる気を起こし、英語力をつけてきていた
のを見ていたし、1人1人はとても若いけれどいい子達だった。
学院長の決定で、講師達やインターンの私達には決定権
がなかったので、辞めさせられるのを止めることが
できなかった。

これ以上、同じタイプの移民を同じ国から
受け入れないためにという理由もあったようで、
とても複雑な気分でした。

学校の中で、ドミニカの教育は発達していないという考えがあり、
その国の出身の生徒を教えづらいという背景もあるようです。
よく隣国のハイチのレベルの高い教育と比較されてしまいます。

でも、私は彼らを教えづらいという感じがしませんでした。
字もあまり書けないし、集中力もあまりなかったけれど、
一度楽しいと思うと、できなくても一生懸命やっていたし、
とっても素直でいい子たちだったからです。

教育を行う学校として、その対処がよかったのかどうか
疑問を持ちました。私にはただ、彼らが学校生活を
どう送ったらいいかわかっていなかったのが大きな
原因であると思え、どう学校で勉強したらいいかなどの
サポートがもう少し充実していたら、このようなことも
起こらなかったのではないかと思えてならなかったのです。

学校の先生があまり生徒さんの面倒をあまり積極的に
見ないのは、「アメリカでは自由を尊重するするから、
勉強をしたくなければしないで、学校も辞めればいい。」
というアメリカ人の先生達の言葉からも分かります。
同じ教える立場でも、私とは全く考え方が違うことを
実感しました。

もう彼らに会えないと思うととても寂しいし、彼らの英語力を
考えると生活が心配だし、授業料が無料な学校を辞めさせら
れたら、お金がない彼らはどこで勉強したらいいのか心配です。

彼らと個人的に連絡も取ることができないので、ただただ
自分の無力さを感じ、彼らの今後の人生が幸せであるように
祈るばかりです。

終了式は楽しさとつらさが交じり合った複雑なものになりま
した。

来週の火曜から新しいコースが始まり、担当の先生が
新たなクラスを持つのにあわせ、私のそのクラスで授業見学や
授業を担当します。気分を切り替え前向きにがんばります。

Today's Expression:
Nothing is impossible, we just don't know how to do
it yet.
-L.L.Larison Cudmore


posted by Yukari at 15:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

A Nice Reunion

P1010389.JPGP1010388.JPG

日本のフィニックスの発表会に出たみんな、お疲れ様でした。
今回もすばらしい発表会だったようですね。見たかったぁ!
でも、いろんなメンバーからのメールでいろいろ話を聞けまし
た。みんな、体休めてまた新しいクラスがんばってくださいね!


ただ今日曜の午前11:00。昨日は教育実習をしている
学校のすぐそばにあるコロンビア大学の大学院に通っている
Kyokoちゃん(以前私のドラマのクラスでアニーやチャーリーと
チョコレート工場に出ました)の寮にお邪魔しました。

一時帰国中に日本でも会ったけど、こっちで会うのは初めて!
久しぶりに会った気がして、とってもうれしかった。おまけに
こっちで会うととっても不思議な感じ。

Kyokoちゃんの手作りの豪華な和食でもてなしてもらい
大興奮。さすが食について勉強していて、しかもお料理好き
だけあってとってもとってもおいしかったです。写真で見ても
とってもきれいでおいしそうでしょ?

アメリカでは日本食がブームで、NYにはたくさん日本食のお店が
あります。バーモント州と大違い!おすし屋さん、そば、うど
んやさん、どんぶりが出たりするお店や居酒屋もあります。
でも、Kyokoちゃんの味にはかなわないんじゃないかな?

KyokoちゃんがNYでお店開いたら絶対繁盛する!

おいしいものを食べながら、2人でお互いの学校の授業の話や
友達や教授の話、実習の話などたくさんしました。

共通の苦労もあれば、全然違う苦労も。都会のNYのKyokoちゃ
んの学校と、ど田舎の私の学校の差やプログラムの内容の違いで、
クラスの雰囲気や発言の仕方が変わるんだと感じました。

Kyokoちゃん大変そうだけど、とっても学校が楽しいみたいだし、
元気そうでよかった!

楽しかった。どうもありがとう。ごちそうさまでした。

おいしい食事や楽しい会話、お互いの苦労のシェアで
パワー全快。今週一週間、またがんばります!

Today's Expression:
Remember we all stumble, every one of us.
That's why it's a comfort to go hand in hand.
-Emily Kimbrough

私達は1人1人何かしらの問題がある。お互いそれを
シェアして助け合っていければいいですね。
posted by Yukari at 00:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

My Internship Started!

P1010372.JPG

すっかりブログご無沙汰になってしまいました。
日本への一時帰国も終わり、ニューヨークで教育実習が
あるというのにニューヨークに来るまで滞在先が決まらず、
日本のみなさんにご心配をおかけしましたが、
無事に決まり、順調に実習をスタートさせました。

私のアパートはハーレムの145St.にあり、同じ学校で
実習をしているアメリカ人の友人とシェアをしています。
(彼女とはバーモントの大学院で寮がお隣同士)

ここは住宅地なので、観光でハーレムに来る人はこちらまで
来ないと思います。日本の旅行のガイドブックでは、
125St.より北は危ないので行かないほうがいいなどと
書いてあるけど、人通りがないところを歩かないことなどを
気をつければ大丈夫です。

ここからRiversideという教会の中にある学校まで20分ほど。
教会は写真で分かるかな?とっても大きいの。中にある74個の
鐘は重さ、大きさとも世界一らしい。まだ見てないけど。

私と韓国人の友人の2人が1人の担任の先生の指導を受けて
いるんだけど、そのクラスはビギナークラス。生徒は18人。
ドミニカ共和国、ロシア、ペルー、エクアドル、
ブルキナファソ、ハイチ、ジョージア、モーリタリア、
ウクライナ、ベネズエラ、ポーランド、チベットから来ていて
国際色豊か。

まだ実習4日間しか経ってないのに、だいぶ打ち解けました。
初心者と言っても、すでに何ヶ月あるいは数年アメリカに
住んでいます。そして学校ですでに3週間授業を受けてい
るクラスですが、フィニックスの初心者とはかなり異
なります。ベテランの担任の先生が教えても、
なかなか新しいことが覚えられないし、
繰り返し授業でやった内容もまるで初めてのように
全くできないこともたびたびです。

彼らの多くは母国でも学校で勉強をしたことが
ないので、いすに座って授業を受けることに慣れていま
せん。小さい子供のように、すぐ集中力がなくなっちゃう
生徒や、アルファベットがいまだにまともに書けない生徒も
います。

先週は見学を主にして、グループやクラスの授業を少しだけ
任されました。難しいけど、やっぱり楽しい!!
久しぶりに教える機会が持てて幸せな気分。
私ってホントに教えるのが好きなんだと再確認。
みんなのできた時の笑顔を見るのがうれしいんです。

彼らにできるようになってもらうには、フィニックスの
生徒さんの何倍も苦労がありそう。がんばります!

Today's Expression:
When you discover your mission, you will feel its demand.
It will fill you with enthusiasm and a burning desire to
get to work on it.
-W. Clement Stone

今週の土日はフィニックスではフェスティバルでしたよね。
健闘を祈ってたんだけど、どうでしたか?いろいろ報告して
ください!みんな、お疲れ様でした。
posted by Yukari at 10:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

Happy Birthday!

P1010179.JPGP1010177.JPG



今日ようやくすべての宿題が終わりました。膨大な量の
宿題のおかげでブログがご無沙汰になってしまいました。

明日秋学期の終了式みたいなものがあります。
ここ数週間特に大変だったけど、いいこともありました。
そうです。誕生日。12月9日(土)は私の誕生日。
年は知っている人がたくさんいると思うのであえて書き
ませんけど。

surpriseがありました。金曜の4skillsという授業の教室
に行ったら、なんと黒板一面におめでとうの文字が。しかも
12ヶ国語で。クラスメートが母国語や第2、3、4、5ヶ
国語で書いてくれたんです。

しかもその後にHappy Birthdayの歌。みんな別の言語で
一斉に歌ってくれました。ホントにびっくりだったし、
感激した。多分一生またとない誕生日のお祝いでしょう。

次の日のホントの誕生日には友達がパーティーを開いて
くれました。大勢で自分の誕生日をお祝いしてくれる
のは子供の頃以来かな。とってもいい日でした。

明日、式の後NYに向かいます。友達のうちに一泊して
日本に向かいます。みんなに会える日も近いね。

楽しみにしてます!

Today's expression:

Look at this as a good time to take a break.
Take it easy-you deserve it.

一休みするのにいい頃。ゆっくりすれば。


posted by Yukari at 14:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

Identity Shifting

Thanksgiving day breakでOhio州に旅行に行っ
ている間、全くPCが使えずすっかり更新が遅くなって
しまいました。

報告です。飛行機のチケットが取れました!12月17日
に帰国予定です。1月の中旬頃まで日本にいます。みんなに
会えるのを楽しみにしてます。

今日は久しぶりに勉強のお話。4Skillsというクラスで、
この3週間で、英語のwritingをする上で学習者にはどの
ような困難があるのか、そしてそれを理解した上で、
どのようなレッスンをしたらいいのかを学びました。

このwritingの3週間のモジュールが終わって論文を提出
したんだけど、私の論文のテーマをidentity shifting
にしました。

論文の内容はというと…

自分だけが見る日記と異なり、人に読まれる公式なライテ
ィング例えばアカデミックライティングを書くときには、
相手に理解してもらうようにするために、学習者
は自分のidentityを変える(identity shiftingする)のに
苦労する。

例えば、日本人は行間を読んだり、間接的に相手に物事を
伝えることが多いので、英語のライティングをする場合には、
直接的に自分の言いたいことを伝えるのが難しい。それに、
日本人は、大事なポイントを最後に伝えることが多いので、
最初にメインアイディアを伝える英語のライティングになかなか
なれることができない。英語を書く時には、日本語を書く時の
自分をシフトさせて別の形で自分を表現しなければ相手に思いを
伝えることが難しい。

また、organization, grammar structures, spelling mistakes,
punctuation(ピリオドやカンマなど)など文章を書く上での
テクニック的なことを意識すると、自分の感情や思いや自分が
誰なのか(identity)を表現することがますます難しくなる。

こういうシフトは簡単にできるものでなく、多くの人が母国語と
英語のidentityの間で葛藤がある。それを理解し、自分を見失
いことなく、気持ちよく、思ったことを英語で表現できるよう
にサポートをすることが教える立場として大事なことだ。

ということを書きました。自分が英語の学習者として経験したことや
フィニックスで教えていたときのことを思い出しながら書きました。

みなさんは英語を書く(特に公式なもの)時に、どのような気持ちで
書いていますか。自分の思ったことがうまく文章に表現できない。
書いたものが相手に思うように伝わらないということはありませんか。

でも、これは母国語ではない言語で書くときにはごく自然な
ことだと思います。語彙を増やし、文法、文章の構成などを
勉強しながら、自分をどのように表現したらいいか考えて書く
練習を繰り返していけば、自分を出せる英語の文章が書ける時が
来ると思います。

ライティングは4つのスキル(リスニング、スピーキング、
リーディング、ライティング)の中でも難しいスキルだと
思いますが、あきらめずにがんばってくださいね。

Today's Expression:

If you practice describing your thoughts and feelings
by learning techniques and styles in English, it will
shrink the gap between two different types of identity
in yourselves, which will help you to increase your
confidence in writing in English.

(By Yukari Naganuma)

15日に秋学期が終了。それまでたくさんの論文、レッスンプラン
プレゼン、リーディングの課題があります。無事に日本に帰れる
よう課題を全部終わらせるようにがんばります!
posted by Yukari at 05:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。